FC2ブログ

2018-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それどころじゃない - 2015.02.11 Wed

私は今までも、

もちろん今も

母から見てもらったことがありません。


母はずっと、自分が見てもらいたい人だから。

母はずっとずっと今でも

自分のお母さんに監視されてるから。


そんな人が

人を見ることなど、できるはずもないから。


ずっとずっと怯えてる人のそばで

私もずっと怯えてきたのだろう。



今日、夫がいきなり

「えっ?!誰か来た?!」

と慌ててインタホンを見ていた。

夫はなぜか慌てていた。

何も音なんてしてないし

誰も来ていない。

それなのに、夫があまりにも驚いているから

焦っているから

動揺しているから

そのことに私は怯えを感じた。


夫の怯えに、私は怯えたんだと思った。
(それにしても夫は何に怯えてるんだろう?)


人の怯えに、私は同じように怯えを感じるのだと思った。


きんたろうさんが以前言っていた

「お母さんの恐怖が私の恐怖」いうことが

よくわかった。


私は母の怯えのもとに暮らし

母の怯えを同じように怯えと捉えていた。


でも、それは母の怯えであり

私は怯えと捉えなくてもよかったはずなんだ。


いまだに当時の母の怯えに巻き込まれてる私。


人の怯えは人の怯え。

私が同じように感じる必要はないのだ。


そしてまた、私の怯えに

子供を巻き込むことのないように。


巻き込んでしまった時には

そのことを捉えることができるように。



怯えてばかりの親は

子を見るなんてできるはずがない。

それどころじゃない。

そういうことなのだと思った。





スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mottymom.blog110.fc2.com/tb.php/185-8f8f549a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バレンタイン «  | BLOG TOP |  » 母も苦しんでいたのかもしれない

プロフィール

えこ

Author:えこ
半引きこもり主婦。
生きづらさを克服するため
「あなここ」でセッションを受けています。

セッションルームあなここ
http://anacoco.jp/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。