FC2ブログ

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傍若無人な妹 - 2017.04.18 Tue

妹は私に何のお伺いもなく
急にきてお願いするわけでもなく
「狙われてるからいさせてほしい」と
そのまま居座った。
私はしかたなく泊めることにした。

しかし、妹はマンションの24時間換気の電源を切ったり
空気清浄機の電源を切ったり
なぜかそんなことばかりしていた。
おそらく、監視されてるという妄想から
余計な事を思いついたのだろう。

でも妹はタバコを吸うのだ。
キッチンの換気扇の下で吸ってくれればいいのだが
別の部屋でも吸って
しかも換気を切ってしまうし
空気清浄機を切ってしまうから
私が仕事から帰ってくると
家の中がタバコの煙だらけだった。
最初24時間換気が切られていることしか
わからなかったので
そのことを言うと
「時間を直そうとしただけだよ」というので
そういう時は私に言ってと伝えた。
24時間換気を消されると
マンションが気密性が高く
換気できないから、と理由を言うと
「あぁそうなんだ」とだけ言っていた。

そして夜になって夫が空気清浄機が消えてることに気づき
「なんで消えてるんだ~?」と言うと妹が
「なんかいきなりすごい音がしたから消しちゃった」
と悪びれもせずにいうので
「勝手に家電消さないで
タバコの煙がすごくなる」というと
「何もわからなかっただけじゃん」と
開き直って偉そうに言ってきた。

もーーブチ切れそうだった。

お世話になってる家で勝手に色々消して
家中をタバコの煙でモクモクにして
なんでえらそーなんだ(#`皿´) 

ほんと、こっちから追い出してやればよかった。
自分が悪いことしたとわからせてやればよかった。

ま、どーせすぐ被害者になるんだろうけどねっ。
スポンサーサイト

いち抜け厳禁 - 2017.04.18 Tue

母、私、妹

きんたろうさんによると
いち抜け厳禁な関係なのだそう。

だれか一人が自由に、幸せになってはいけないのだそう。

それは、私は妹からは感じていた。

妹が摂食障害で入院しているころ
私はちょうど短大を卒業して社会人になったばかりだった。
毎日が楽しくて楽しくて
おそらく妹のお見舞いに2か月くらい行ってなかった。
久し振りにお見舞いに訪れると妹が言った、。
「お姉ちゃん全然(見舞いに)来なかったね。
こういうことで人間性がわかるよね」
私は罪悪感があったので
「ごめん、楽しくてそちらに気が向いてていた。」
と泣きながら言った。
それからは妹のところへ毎週行くようにした。

あの時の妹は
なぜだか偉そうな上から目線だった。
今思えば
なぜあんなことを言われなくちゃならなかったのかと思う。
Y子が不幸だと、私は幸せになってはいけないのか。
Y子が苦しい時、私は楽しんじゃいけないのか。

私とY子は運命共同体なのか。

そんな訳ない。

私と妹は別の人格で別の人生を生きてるんだから。

罪悪感から - 2017.04.18 Tue

私が成人したころには、妹はすでに摂食障害になっていた。

初期は拒食、その後、食べては吐く過食嘔吐。


私はいつしか
妹が幸せになるまで、自分が幸せになることはできないと
考えていた。

こんな考えも、
妹を救えなかった罪悪感から来てるのかな。

何もできないでいた - 2017.04.17 Mon

進撃の巨人 season2 ♯27
巨人に食われる母のそばで
娘が呆然と座り込んでる。

-------------------------------------

幼いころ、妹が母に叩かれ大泣きしているのを
私は祖母の部屋でただ聞いていた。

すると、祖母は
「なんで助けてあげないの」
と私に言った。

妹の代わりに
私に生贄になれというのか?
巨人に食われろというのか?

助けられない私はひどい人間。

巨人 - 2017.04.17 Mon

Twetterより

愛する能力のない親に育てられれば誰でも神経症になる。
幼い子にとって親は巨人。
怒りは抑圧して良い子になって生きてくるより仕方がなかった。
それ以外の生き方は出来なかった。
このような人は抑圧した憎しみを投影するので、
大人になっても周囲の人を巨人と感じて生きている。

しかし大人になったら親は巨人ではなくなっているはず。
それなのにまだ巨人にしてしまっているのは、まだ依存しているから。
周囲の人も決して巨人などではない。
彼らを巨人にしているのはあなた自身の心の恐れ。
なぜ恐れるかといえば、依存しているから。

-------------------------------------------------------------------------

前から思っていたこと。
なぜマンション以外の人とはコミュニケーションとれるのに
マンションの人たちが怖いのか。
それはマンションで私が付き合わなければならない人達は
「母親たち」だから。
それぞれがうちの子とかかわるであろう子供たちの「母」だから。
「母親」という「巨人」だからなんだと
やっとわかった。

妹襲来 - 2017.04.16 Sun

先日、妹が乗り込んできたので
そのときのことを書こうと思います。


その日、私は職場ですごく楽しく過ごすことができ
嬉しい気持ちで帰路につきました。
その最中、母から電話があったのです。

「Y子があんたにきてと言っている。
車で来てくれないか。」

もうすぐ次男が帰宅するので
それまでに急いで帰らねばならない。
と伝えると

「そのあとでいいから来てほしいと言っている」

としつこい。
私は長男も夕方帰ってくるし
迎えに行ってる暇はない。

「来るならタクシーで来て!」

と言って電話を切った。

Y子は平気で人をこきつかうのでむかつくので
来るなら自分で来いと言いたかったのです。

家に来た妹は黒いパーカーのフードをかぶり
とても怪しげでした。
母も一緒でした。
大きなスポーツバッグ2つの荷物でした。
一体どれだけ居座るんだろう?
そう思いました。

妹は
「狙われていてもう自宅にはいられない。
しばらく置いてほしい」
とのことでした。

私は「今週いっぱいなら。土曜日までならいいよ」と言いました。
その日は水曜日でした。
だらだら長期滞在されるなんてゴメンだと思ったのです。


妹は同級生の男性から監視されていて
その男性は有名人を使って
複数で監視しているのだそうです。
警察はあてにならず、
地元の携帯ショップもその男性の息がかかっており
携帯も新しいものが買えないのだそうです。

職場のロッカーも荒らされ
その職場も男性の関係者が入ってるらしく
休職しているとのこと。

そして、先日、とうとう自宅に合鍵で侵入され
大事な手紙が入ってる封筒に
ギフトカードを入れられてしまったそうです。
その封筒には、元々ギフトカードなど入ってなかったと。

そんなことがあり、自宅にはいられず
私のうちに避難してきたというのです。

妄想がエスカレートしてしまっているのです。

ネットで調べたら
妹の症状は統合失調症のようです。




正しいことへの執着  - 2017.04.11 Tue


きんたろうさんから,
正しいことに執着してると言われたので
そのことについて書きます。


幼いころ、妹が母に叩かれ大泣きしていたのに
救うことができなかった
→罪悪感
→お母さんおかしいよと言えない


この「お母さんおかしいよ」と言えなかったばかりに
大人になってから「正しいことを 言う」に
執着しているらしい。

らしい、というのは
私の中でまだ腑に落ちてないから。

子供のころ
妹が叩かれ泣いてるのを離れた部屋で聞いていてた私。
罪悪感もなく
ただ聞いてやりすごすしかなかった。

「助けたい」気持ちがあれば
「助けられない」罪悪感が生まれると思うが
それらが見つからない。
助けたいなんて思いつかない。
思考停止状態。


ただ、今現在「正しいこと」を振りかざし
相手を攻撃する行為は
何度も繰り返しているので
正しいことへの執着があるのは間違いない。

正しいこと で 相手を攻撃 している。


・言えなかったことが執着を作り出している。
 当時の「忘れ物」が執着になっている。
 →というのであれば
  私の正しさへの執着は過去が原因なのだと思う


大人になった今でも
母に対して意見することは
とても勇気のいること。
幼少期は母に対して意見するなんて
考えも及ばなかった。
思考停止だったと思う。


妹が母に叩かれていたときの状況を
自分の気持ちをしっかり思い出すことができたら
何か変わってくるだろうか。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

えこ

Author:えこ
半引きこもり主婦。
生きづらさを克服するため
「あなここ」でセッションを受けています。

セッションルームあなここ
http://anacoco.jp/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。