FC2ブログ

2013-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『心屋さん×遠野なぎ子さん』を見て - 2013.06.08 Sat

先日TVで放送されていた『心屋さん×遠野なぎ子さん』の動画を見ました。

遠野さんの過去の体験と私の過去とは違うものですが

根底にあるものは同じだと思いました。


「母への片思い」


そうなのか・・・。


母を好きだったのかも知れない。


子供は私のことが大好き。

それはとても伝わってくる。

全身で「ママ大好き」とアピールしてくる。


心屋さんと遠野さんの話を聞いた後、

そんな「ママ大好き」な子供を見ていたら、

「私もこんな風に母を好きだったのかもしれない」

と思うようになった。


幼い日の私は、こんな風に母を好きだったのかな。


そういえば、母のことを近所の人や親戚が悪く評価しているのを聞くと

とても辛かった。

母を守ってあげたくなった。


子供がお母さんを守るのは、お母さんが大好きで、それくらい大切な存在だからなんだよね。

なんの計算もないんだよね。



先日、きんたろうさんに伯父を嫌っていることを指摘された。

伯父は母を悪者にした人。




私、母をかばってる・・・?



母を悪者にした人を、嫌っている私。



いまだに私は母を守っているの?



片思いを続けてるんだろうか。





スポンサーサイト

付き合わされる - 2013.06.07 Fri

子供に「遊ぼ~」と言われるとキツイのですが


その中にも段階があります。


・まだマシ=ボール遊び

→ まだいいです。
  私も好きだからかも知れません。
  相互コミュニケーションでもあるからかな?


・なんとか付き合えるかも=戦いごっこ

→ 辛いですが、怪獣のフリしてさえいればいいから
  なんとか付き合えます。


・ほんとやりたくない=ミニカー遊び

→ ほんっとにやりたくありません。
  ぜんぜん楽しくない。
 子供の趣味に、ひたすら付き合わされる感満載です。



こうしてみると、「付き合わされる」感覚がいやなのかも知れません。

一緒に楽しめないから。



付き合わせる

付き合わされる



一方的に付き合わされることに、お腹いっぱいなんだな、きっと、私。


そして、付き合わせること、今まで人にやってきてもいるんだよな。





そっとしておいてほしい - 2013.06.07 Fri

私は次男に「遊ぼ~~~」と言われることが苦手です。



私はほぼ一日中PCに向かっています。

ネットサーフィンとかピグで遊んでいます。

とにかく一人の世界に浸りたい。

子供に申し訳ない気持ちは、もちろんありますし

こんな風にしていていいわけないということもわかっています。

もっと子供を見てあげなくてはいけないと思います。


でも子供の

見て見て~

遊んで~~


という「僕をかまって」攻撃が辛くてたまりません。



仕方なく遊びますが、もうしんどい。



「遊ぼ~」と聞くたびに、心にバリアが張り巡らされて

心の中で「やめてーーーー!」と拒否反応してしまいます。



これは母からの「見て見て」攻撃に対する反応と同じです。


大人になってから、私は母に対して癒してあげようと努めました。

母を認め、満たしてあげようと。


そうすることが、私の存在価値だったのかも知れません。


そうすれば母は私から離れられなくなる。




でも、ここ数年は母が重くて仕方なくなり

母を満たすことへの拒否が始まりました。



今はもう誰にも「見て」と言って欲しくない。


誰のことも見たくない。


もう一人がいい。



というのが、今の私の現状なんだな。



そっとしておいてほしい。

子供に対しても、そう思ってしまう。


そして、子供を見ることが出来ない自分に罪悪感。



これが負のスパイラルってやつなのか。



同じような感覚 - 2013.06.07 Fri

前回の記事の「はらわた煮えくり返る」感覚。


これ、たまに同じような怒りを感じることがあります。


ないがしろにされたと感じたときに


同じような怒りがわくのかな。


母への気持ち - 2013.06.07 Fri

先日のセッションで、きんたろうさんに母を憎んでないと言われました。

私自身、母への怒りはあります。

でも「嫌い」と言えません。



そして、母への怒りについて考えてみました。

この怒りは何に向けてのものなんだろう??



それは私のことを認めないことへの怒り。



私がこんなに頑張ってきたのに、それを認めない。

遠く離れていて何も母に対して尽くしてない妹と私は、同等。



それに対しての、怒り。



冗談じゃないわよ!!

なんであの子(妹)と私が同等なの!!



許せない。



このことを考えてるときの私の怒りは、かなりなものです。

はらわた煮えくり返ります。



私は母につれない素振りをしています。

「あなたなんて知らないわ~」という態度です。

表面上は普通に接してますが

母に尽くそうなんてバカバカしくて、もう金輪際ごめんです。



でもね・・・

これって拗ねてるだけなのかな。



かっこよく「母とは一線引いてつきあってる」とか言ってるけど

単に拗ねてるだけなのかな。



私がいかに大切な存在か、重要な存在か

知らしめようとしているだけなのかな。



それは、いまだに母に認めて欲しいとおもってるということなのか??


そういうことなの???



あの母が変わるはずない。

それは自分でよくわかってるはずなのに

いまだに愛して欲しいの??


諦めていないの?




よく分からなくなってきました。。。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

えこ

Author:えこ
半引きこもり主婦。
生きづらさを克服するため
「あなここ」でセッションを受けています。

セッションルームあなここ
http://anacoco.jp/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。